【東京】Uber Eats (ウーバーイーツ)配達の報酬・配送料は?計算システム(仕組み)やメリットも調査!

こんにちはフクヤです!

最近、Uber eats(ウーバーイーツ)のロゴを付けたバイクや自転車をよく目にするようになりました。

この記事を読んでいる中にはUber Eatsの配達の仕事に興味がある方も多いのではないでしょうか?

特に

  • 配達の報酬はどれくらいなのか
  • どういう計算をするのか

といったことは気になりますよね!

そこで今回は、Uber Eatsの東京での配達の報酬の仕組みについて調査してみます!

→今すぐUber Eatsの配達パートナーに登録するにはこちらをタップ!

Uber Eats 東京での配達の報酬を調査

Uber Eatsの配達パートナーへの報酬は

基本料金 × ブースト – サービス手数料 35% + 特別キャンペーン(不定期)

という計算によって決まります。

そして、基本料金 は地域によって変わる仕組みになっています。

東京の基本料金

東京の基本料金は

  • 受け取り料金:300円
    レストランで商品を受け取ったら発生。
    配達先が2カ所以上でも1回とカウント。
  • 受け渡し料金:170円
    注文者に商品を渡したら発生。
    配達先が複数あれば、それぞれで料金が発生。
  • 距離料金:150円
    レストランから配達先までの距離に応じて計算。
    配達先が複数あれば、合計の距離が計算の対象。

 

例えば・・・

1件のレストランから1カ所(距離2㎞)の配達先に届けた場合

300 + 170 + 150 x 2 = 770 円

1件のレストランから2カ所(距離1㎞と1.5㎞)の配達先に届けた場合

 

 

300 + 170 × 2 + 150 × (1+1.5) = 1,090円

 

となります。

1カ所のレストランから、できるだけ多くの配達先に届けることで効率よく報酬が得られそうですね。

ブーストとは

ブーストとは、配送料に掛け算される倍率を指します。

また、ブーストは曜日・時間帯・地域によって異なります。

例えば・・・・

先の1カ所の例で、平日・午前11時~午後1時・エリアAのブースト倍率が1.5倍の場合ブーストは

770円 ×  (ブースト倍率 1.5 – 1)  =385円

となり、報酬は

770円 + ブースト 385円 – サービス料(770円 x 35%)= 885円

となります。

アプリからブースト倍率を確認できるので、倍率が高い時間・地域を選べばより効率よく報酬を増やすことができますね。

またこの他に不定期で行われる特別キャンペーンによって、報酬が増える可能性があります。

Uber Eats配達パートナーのメリットは?

ここまでUber Eatsの報酬についてみてきましたが、報酬以外にUber Eatsの配達パートナーのメリットはどんなものがあるか調査してみます。

自由に働ける

Uber Eatsの配達パートナーはアルバイトではなく、個人事業主として報酬を得る形になります。

そのため、決まったシフトはありません。

いつ・どこで・どれだけ働くかは自分で決めることができます。

  • 副業として夜や週末だけ働きたい
  • 隙間時間に少しずつ働きたい
  • 毎日がっつり働きたい

などその人のライフスタイルに合った働き方ができます。

また

  • 会社や組織に縛られたくない
  • 自分の人生を自分でコントロールしたい

といった考えの方にもぴったりですね。

趣味を仕事にできる

Uber Eatsの配達パートナーの多くはバイクや自転車で配達を行います。

バイク好きや自転車好きにとっては、配達でバイクや自転車に乗ること自体を楽しむこともできます。

また、普段自分では行かない場所に行って、新たな発見や経験に繋がるかもしれません。

自転車なら運動不足解消にもなりますね!笑

報酬が週払い

Uber Eatsの報酬は週単位で口座に振り込まれます。

急な出費でお金が欲しい、という時でも週払いなら必要な分だけ働いてまかなうことができますね。

また、働いた報酬を日を長く空けずにすぐに受け取れるのはモチベーション的も嬉しいことです。

 

このように、Uber Eatsには

  • 自由な働き方
  • やりがい
  • 週単位の報酬

といった点でメリットがあります。

趣味を楽しみながら自由に働けて、報酬も頻繁に振り込まれるとなると、かなり美味しい仕事なのではないでしょうか!?

Uber Eats配達パートナーの登録方法

Uber Eatsの配達パートナー登録は

  1. web登録
  2. パートナーセンターで本登録

という流れになります。

web登録

まずはこちらの登録ページにアクセスしてweb登録します。

→Uber Eats登録ページ

この際に以下の書類をアップロードする必要があるので用意してください。

  • 自転車の場合
    身分証明書(パスポート、運転免許証、マイナンバーカード、住民基本台帳カード)
    プロフィール写真
  • 原付バイクの場合
    運転免許証
    自動車損害賠償責任保険の証明書
    ナンバープレートの写真
    プロフィール写真
  • 軽貨物またはバイク(125cc超)の場合
    運転免許証
    自動車検査証(車検証)または軽自動車届出済証
    自動車損害賠償責任保険の証明書
    任意保険または共済保険の証明書
    ナンバープレートの写真
    プロフィール写真※外国籍の方はパスポート または 在留カードも必要になります。

本登録

各都市ごとにあるパートナーセンターで本登録をします。

東京のパートナーセンターは恵比寿にあります。

Uber Eats パートナーセンター(恵比寿)

  • 住所::東京都渋谷区恵比寿1-25-1 NAGAHAMAビル 5F
  • 営業時間:月〜日: 12:00〜19:00

パートナーセンターに行く際は

  • 身分証(外国籍の方は在留カードも)
  • スマートフォン
  • キャッシュカード
  • web登録で提出した書類の写真

を持参してください。

パートナーセンターでは

  • Uber Eatsの説明ビデオ視聴
  • 仕事の手順やアプリ操作の説明
  • プロフィール写真の撮影(あとでアプリから撮り直し可能)
  • 配達バッグの受け取り

を行って本登録完了です。

Uber Eatsの配達パートナーで自由な働き方を!

今回はUber Eatsの東京での配達の報酬やメリットを調査してみました。

  • Uber Eatsなら自分に合った自由な働き方ができる
  • 楽しみながら働ける
  • 週単位で報酬を受け取れる

というメリットがありました。

また、家で既成の食品を食べる内食は、これからも増えていくでしょう。

そんな時代にUber Eatsの配達パートナーはまさに必要とされる重要な仕事です!

ぜひUber Eatsの配達パートナーとして、活躍してみてはいかがでしょうか!?

→Uber Eatsの配達パートナーに登録するにはこちらをタップ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です