映画ボヘミアン・ラプソディはつまらない?その理由や感想を解説!

こんにちはフクヤです!

2018年、映画界はまさに「ボヘミアン・ラプソディ」の一年だったといっても過言ではないほど、この映画が大ヒットした年でした。

年が明けた2019年でもロングラン上映が続き、リピーターも続出しています!

その一方で「つまらない」という声もちらほら・・・・

そこで映画「ボヘミアン・ラプソディ」がつまらない理由や感想を紹介します!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」がつまらない理由や感想を紹介

世間ではこれだけ大人気の映画「ボヘミアン・ラプソディ」ですが、なぜ「つまらない」と感じる人もいるのか、

その理由を考えてみようと思います!

「つまらなかった」理由は?

当サイト独自に「ボヘミアン・ラプソディ」がつまらなかった、という人の感想を募ってみました。

毎日映画を観るほど映画好きです。
話題の映画もレンタルになるまで待ってみているのですが、こちらの作品はあまりにも口コミが良かったので映画館へ見に行きました。しかし、期待していたほどではなかったです。
デビューからシングルを出すまでのゴタゴタ感と、ブレイク後のメンバー間の確執はよく描かれていたのですが、デビューからブレイクまでがあっという間すぎていつのまにか世界的バンドになっていた感覚がありました。
もう少しブレイクまでの苦労の描写を詳細に描いて欲しかったです。

この方はストーリー展開の速さが低評価の理由のようですね。

この映画は主人公の心の葛藤や成長を描いていますが、バンドの軌跡としては駆け足感が否めないかもしれません。

Queenという伝説的バンドの成功までのストーリーを期待しすぎると、物足りなく感じるかもしれませんね。

期待が大きかったからかも知れないが、もっとフレディの人生、孤独や美意識について掘り下げてもよかった。
ライブシーンの再現度に関してはたしかに高く評価できるが、それだけなら実際のライブ映像を見ればいい。

この方は主人公についてもっと掘り下げてほしかったという感想ですね。

きっともともとフレディの人生をある程度知っている方なのかもしれませんね。

確かに、フレディの人生を詰め込むには2時間ちょっとの上映時間では足りないのかもしれません。

また、この映画は人気曲の誕生秘話のような音楽にフューチャーしたシーンも所々あるので、どうしてもフレディの内面を描くシーンが限られてしまっているのも事実と言えるかもしれません。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」がつまらなかった理由まとめ

ここまで見てきたように、この映画がつまらないと感じる人は、ストーリーや主人公の描き方が低評価の理由のようです。

Queenというバンドや、フレディ・マーキュリーという人物があまりに偉大過ぎて、そのファンにとっては映画での描き方では物足りなさを感じているんですね。

この映画の魅力の一つである”音楽”を描くシーンが、結果としてバンドや主人公の軌跡を描く時間を奪ってしまった結果なのかもしれません。

「おもしろかった」理由は?

逆に「おもしろかった」という人の感想も、当サイト独自に募ってみました。

自分らしさを貫いた彼の姿は本当に勇敢でかっこよかったです。
あらゆる差別がある中生き抜く姿は憧れであり目指したい姿と思いました。

この方は、主人公が差別と戦いながら生き抜く姿を高評価したようですね。

確かに映画の中では主人公が人種差別を受けたり、同性愛者である自分との葛藤であったり、そういった逆境に会いながらも少しずつ自分で自分を受け入れていく姿が描かれています。

そういった主人公の姿に勇気をもらった方も多いのではないでしょうか!

ボヘミアンラプソディーは、フレディの生き様に対して考えさせられるところが面白かったです。
有名人であっても、ただ光を浴びていたわけではなく、ひとりの人間としての苦悩があります。
その中でフレディは性差別に対して、エイズに対して苦悩をしていました。その中ではフレディの行動が全て正論と考えず、やはり色々とこうすれば良かったのにと感じた場面もありました。
ひとりの人間としての生き様を見ることで、自分をかえりみることもでき、そして現在も愛されるフレディの理由というのがわかる映画だと思いました。

この方も、主人公の生き様を高評価しています。

世界的スターもひとりの人間であり決して常に正しいわけでもなく、苦悩と闘いながら生きている生きる姿に親しみと敬意を抱いているように感じます。

クイーンというバンドすら知らずに観ましたが、知らず知らずのうちに前のめりになって鑑賞していました。
数曲、聞いたことがあったのでバンドを知らなくても曲にのることはできました、同性愛や性病など自分には考えられない世界で、でも実話で、最後はなんだか感動しました。
今は移動中必ずクイーンを聞いています。

この方は、Queenを知らずに鑑賞したにもかかわらず、結果Queenの音楽にハマってしまったようです。

実際のところ、こういった方は多いのではないでしょうか!?

やはりこの映画の醍醐味は音楽にあります。

単純に音楽を楽しむというだけでも、十分評価できる作品といえます!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の魅力まとめ

このように、映画「ボヘミアン・ラプソディ」の魅力は大きく

  • 主人公・フレディの葛藤や成長
  • Queenの音楽

が挙げられます。

とりわけメディアなどでは音楽の部分がフューチャーされがちですが、実際に鑑賞した人たちは主人公が差別や病気と闘いながら成長し自分を受け入れていくその生き様に感動を覚えているようです!

これは脚本もさることながら、主人公の心の葛藤を演じきった主演のラミ・マレックを初めとしたキャスト陣の力によるものも大きいといえます。

結果、ラミ・マレックはこの映画で

  • 全米映画俳優組合賞・主演男優賞
  • 第72回英国アカデミー・主演男優賞
  • 第91回アカデミー賞・主演男優賞

を受賞しています。

コアはファンの中には、バンドや主人公の描き方に不満を持つ方もいるのは事実ですが、一つの映画として観ればとてもいい作品であると思います。

「単なる流行り物の音楽映画でしょ」くらいに思っている方も、きっと主人公の生き様に引き込まれるはず!

そして、そのうえで聴く最後のライブシーンの音楽は最高に心に響くこと間違いなしです!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を今すぐ無料で観る方法は?

ここまで「ボヘミアン・ラプソディ」がつまらない理由や、逆に高評価のわけを紹介してきました。

この記事を読んでいる方の中には「『ボヘミアン・ラプソディ』が観てみたくなった!」という方もいるのではないでしょうか!?

そこで、今すぐ無料・安全・簡単に映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観る方法を紹介します!

 

まず、結論から言うとmusic.jpの動画配信サービスを使って観るのが一番おすすめです!

music.jpは最初の登録から30日間は月額無料です。

※30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

その上、登録すると無料で1,500円分の動画ポイントがもらえます!

このポイントを使えば映画「ボヘミアン・ラプソディ」を無料で観ることが出来ます。

しかも、music.jpは公式配信なので違法サイトのような危険性やリスクがなくて安心です!

結論、music.jpなら無料・安全に映画「ボヘミアン・ラプソディ」を楽しむことが出来ておススメです!

※「ボヘミアン・ラプソディ」は4月17日0時から配信開始です!

→今すぐmusic.jpの初回無料キャンペーンを利用するならこちらをタップ!

music.jpならQueenの楽曲も無料で楽しめる

じつはmusic.jpでは登録すると動画ポイントの他に、962円分の通常ポイントももらえます。

このポイントを使えば、Queenの楽曲を無料で聴くことが出来ちゃうんです!

Queenの人気曲で言うと

  • I Was Born To Love You
  • We Will Rock You
  • Bohemian Rhapsody
  • We Are The Champions
  • Don’t Stop Me Now

などが配信されていて、ポイントを使えばこれらも無料で聴けます!

映画で使用された曲もたくさんあるので、映画を観て気になった曲があればダウンロードして繰り返し聴くことが出来るので、とてもおすすで!

→今すぐQueenの人気曲を無料で楽しむならこちらをタップ!

music.jpの無料キャンペーンの登録・入会方法をスマホで解説

music.jpの無料お試し期間の登録方法はとても簡単で、以下の4ステップ5分かからずできます!

詳しい登録方法はこちらで解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

→music.jpの無料お試しキャンペーンの簡単登録方法を解説!

music.jpの無料キャンペーンの解約・退会方法をスマホで解説

解約と聞くと

「実際は解約しずらいシステムなんじゃないの」

「退会方法をわざと分かりづらくしてるんじゃないの」

と思う方もいるかもしれません。

しかしご安心ください!

解約手順もとても簡単で、4ステップ3分あれば完了できます!

詳しい解約方法はこちらで解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

→music.jpの無料お試しの簡単解約・退会方法を紹介!ポイントの注意点も解説!

初めに解約方法を確認しておけば、安心して無料お試し期間を利用できますよね!

まとめ

今回は映画「ボヘミアン・ラプソディ」がつまらない理由や感想を紹介しました。

「つまらない」と感じた人の理由は主に、バンドや主人公の軌跡の描き方に対する物足りなさでした。

逆に「おもしろい」と感じた人は、主人公の生き様や音楽シーンがその魅力として挙げています。

賛否ありますが、世界的に見るとアカデミー賞4部門受賞という輝かしい結果を残した名作といえる本作。

まだ観ていない人はぜひ一度鑑賞してみることをおすすめします!

→今すぐmusic.jpの初回無料キャンペーンを利用するならこちらをタップ!

※「ボヘミアン・ラプソディ」は4月17日0時から配信開始です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です