軍師リュ・ソンリョン(日本語字幕|吹き替え)動画を全話無料で合法に視聴する方法まとめ!

\この作品を無料で見る/
サービス 配信 特典
見放題 31日間無料
月額1,990円
韓国ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」を見たい!と思っても・・・・

有料の動画配信サービスだと韓国ドラマは1話あたり約300円。

だからと言って違法サイトはウイルス感染などのリスクがあって危険です。

そこで・・・・

「軍師リュ・ソンリョン」を公式サービスで安全に、全話を無料で視聴する方法を紹介します!

\配信状況一覧/
サービス 配信 特典
おすすめ No.1 !!
見放題 31日間無料
月額1,990円
見放題 30日間無料
月額933円~

見放題 2週間無料
月額888円

なし
2週間無料
月額1,026円
なし
2週間無料
月額1,017円
なし
31日間無料
月額500円
なし
1か月間無料
月額960円
\DVDで見る/
サービス 内容 特典
借り放題
30日間無料
月額1,865円~
ポイントは

  • 無料期間がある
  • 見放題で見れる

サービスを選ぶこと!
もちろん、どれも無料期間内に解約すれば一切お金はかかりません♪

U-NEXTなら無料期間が31日もある!
「軍師リュ・ソンリョン」も見放題だから一番おすすめですね♪

→今すぐU-NEXTで「軍師リュ・ソンリョン」を無料で楽しむにはこちらをタップ!

※31日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

「軍師リュ・ソンリョン」全話を日本語吹き替え版で無料視聴する方法

「軍師リュ・ソンリョン」の日本語吹き替え版は、動画配信サービスでは扱われていません。

実はほとんどの韓国ドラマが、吹き替え版はネット配信されていないんです!

日本語吹き替え版を無料で観たい場合は、吹き替え版収録のDVDを探すしかありません。

 

そこで、おすすめなのが宅配レンタルサービスのTSUTAYA DISCAです。

TSUTAYA DISCASは登録から30日間無料で利用できます。

つまり30日間は無料でDVDを借りて日本語吹き替え版が見放題ということです!

※30 日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外となります。

→今すぐTSUTAYA DISCASで「軍師リュ・ソンリョン」を無料で楽しむならこちらをタップ!

※30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

吹き替え版収録のDVDの取り扱い状況はTSUTAYA DISCASのサイトでご確認ください。

「軍師リュ・ソンリョン」全話を日本語字幕版で無料で視聴する方法

韓国ドラマ「軍師リュ・ソンリョン」を無料視聴するならU-NEXTが一番おすすめです!

→U-NEXTを無料で楽しむにはこちらをタップ!こちら

※31日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

でも、すでにU-NEXTの無料期間を使い終わってしまった方もいると思います。

U-NEXTの無料期間は最初の登録から31日間限定なので、解約して再度契約しなおしても無料期間はありません。

ですがご安心ください!

TSUTAYA TV・FODを利用すれば、
「軍師リュ・ソンリョン」全話を無料視聴することが可能です!

※TSUTAYA TV・FODも「軍師リュ・ソンリョン」は見放題作品です。

→TSUTAYA TVのおすすめポイントはこちら!

→FODのおすすめポイントはこちら!

「軍師リュ・ソンリョン」あらすじ

あらすじ
直系の王が絶え、傍系の第14代王・宣祖が即位した朝鮮王朝。朝廷内は東人と西人による派閥争いが激化していた。そんななか、日本を統一し大陸進出を狙う豊臣秀吉から使臣がやってくる。軍師のリュ・ソンリョンは国防を備えるべきと進言するのだが…。

第1話
「大明会典」に簒奪者が建国した国という汚名を記されていた朝鮮は、約200年にわたって明に修正を要請し、1589年に誤記は正された。同じ頃、対馬島主の平義智と僧侶の玄蘇が日本の使臣として朝鮮を訪れる。
→無料視聴方法を確認する

第2話
通信使を派遣すべきだと主張する柳成龍は、宣祖に直談判に行くも門前払いを食らう。一方、宣祖から朝廷に呼ばれた鄭澈は、東人の勢力を牽制する宣祖の指示を受け、東人に反逆者の疑いを掛けて次々と尋問し処刑した。
→無料視聴方法を確認する

第3話
兵判を通じて軍器寺で秘密裏に開発した飛撃震天雷という時限爆弾が、反逆者・沙火同の口から漏れる。彼の告白により朝鮮全土に数10人の間者が潜伏していることと、飛撃震天雷の図面が盗まれたことが判明する。
→無料視聴方法を確認する

第4話
癸丑年の獄事にソン・イクピルが介入したことを知ったリュ・ソンリョンは、無実の罪で死んでいった学者たちを思い胸を痛める。だが、獄事は王位を守りたい宣祖の計略だったとイクピルから聞き、ソンリョンは驚く。
→無料視聴方法を確認する

第5話
潜行に出ていた宣祖は朝廷へと赴き、今日は自分がみんなを接待したいと言って大臣たちを驚かせる。宣祖は酒の席で朝廷の派閥争いを危惧し、今後、党派の権力争いを耳にしたら死んで償ってもらうと警告した。
→無料視聴方法を確認する

第6話
チョン・チョルは王世子の建儲を宣祖に直訴しようと、イ・サンヘとリュ・ソンリョンと共に宮殿に向かおうとする。ところが、サンヘは風邪を理由に同行せず、チョルとソンリョンの2人で行くことになった。
→無料視聴方法を確認する

第7話
倭国に通信使と行ってきた正使のファン・ユンギルと副使のキム・ソンイルは、帰国後、朝鮮の朝廷で正反対の意見を述べて朝廷を混乱させる。そして、ユンギルの意見で、南方の民が次々と北に避難し始める。
→無料視聴方法を確認する

第8話
倭が攻めてくるといううわさを流す者を厳しく処罰することを指示した宣祖。さらに彼は意を決し、「倭が攻めてきた際には、過去の歴史にもあるように自ら倭の本土に出向き倭を征伐する」と宣言し、朝廷を驚かせた。
→無料視聴方法を確認する

第9話
再び王世子の建儲を朝廷に持ち込んだチョン・チョルをはじめとする西人は、宣祖の逆鱗に触れ、西人は事実上滅びてしまう。またイ・サンヘとリュ・ソンリョンはチョルの処遇をめぐり、袂を分かつこととなる。
→無料視聴方法を確認する

第10話
朝廷で宣祖と臣下たちが集まっている中、国王と朝廷への非難が書かれた壁書が見つかった。さらに、一部の兵士と労役者が兵器庫に火を放って逃走し、良民が両班の蔵を襲ったという知らせが届く。
→無料視聴方法を確認する

第11話
民の動揺は少し落ちつく気配を見せたが、やはり国庫は底を突いたままだった。不安になった宣祖はリュ・ソンリョンに、「どうせ勝算がないのなら水軍を廃止し、いっそのこと陸軍に力をつけてはどうか」と持ち掛ける。
→無料視聴方法を確認する

第12話
宣祖は、亀甲船をひそかに造っていたリュ・ソンリョンを呼びつけた。ソンリョンは国の防衛のため、京商の支援を受けて造船を進めていたと言う。宣祖は、国のためであろうと王命に背いたことには違いないと叱責した。
→無料視聴方法を確認する

第13話
小西行長は、戦が起きると忠告したのにも関わらず取り合わなかった朝鮮の地に、平義智と玄蘇を連れて乗り込む。400隻もの船が釜山浦に現れると、無防備な朝鮮の兵士はただ驚くばかりだった。
→無料視聴方法を確認する

第14話
倭軍が漢陽に向かって猛進し、もうすぐ鳥嶺を越えるという知らせを聞いた宣祖は、驚愕して倒れてしまう。これは倭変ではなく戦であると判断したリュ・ソンリョンは、直ちに朝廷に持ち込み対策を採るべく努める。
→無料視聴方法を確認する

第15話
シン・リプ将軍は鳥嶺での潜伏を諦め、川辺での正面戦争を選ぶ。敵の兵力ははるかに強大で、リプは敵の攻撃を読み騎馬軍が優位になるよう対策を練るが、川辺の湿地帯が馬と兵士の足かせとなって負けてしまう。
→無料視聴方法を確認する

第16話
戦況が悪化し、倭が忠州から漢陽に向かったと聞いた宣祖は、すぐに播遷すると言う。都に残って戦うと言ったはずの宣祖の変心にリュ・ソンリョンは驚いて反対する。宣祖は直ちに光海君を世子にすると宣言するが…。
→無料視聴方法を確認する

第17話
宣祖は播遷することになった責任を領議政のイ・サネと都体察使のリュ・ソンリョンになすりつけ、2人を役職から外した。しかし、都から来た同知中枢府知事のイ・ドッキョンから、倭軍に都が占領されたと聞かされる。
→無料視聴方法を確認する

第18話
罷免を告げられた領議政のイ・サネは潔く身を引く。だが、最後にリュ・ソンリョンに、「宣祖がこの戦に耐える力がないので、王様にではなく民に国を返す気持ちで宣祖のそばを離れず戦ってほしい」と懇願する。
→無料視聴方法を確認する

第19話
臨津江の戦で何とか倭賊を止めたいと思う宣祖は、若手の武将、ハン・ウンインと老将のキム・ミョンウォンに指揮権を与えようとする。宣祖の決断では再び戦に負けると考えたリュ・ソンリョンは、冷静な意見を述べた。
→無料視聴方法を確認する

第20話
何度も戦で負けて北に播遷する宣祖に、初めて戦勝の報告が届く。それは全羅左水使、イ・スンシンからの書状で、海上で朝鮮軍は敵の補給路を遮断した末に勝利を得たという内容に、宣祖たちは安堵のため息をつく。
→無料視聴方法を確認する

第21話
明の林世録が50人の兵士を率いてやってくる。そして後から祖承訓が5千の兵を連れて駆け付けると聞き、リュ・ソンリョンは喜ぶ。しかし、通り掛かった早馬から平壌城が陥落されたという知らせを聞いて落胆する。
→無料視聴方法を確認する

第22話
明から援軍を迎えるにあたり、リュ・ソンリョンは兵糧の確保に努めるが、戦が終わらず山に逃げ隠れた難民が暴徒と化し、官庁の米を略奪し始めた。そんな中、ソンリョンは兵糧を取り戻すために知恵を絞る。
→無料視聴方法を確認する

第23話
光海君は宣祖から国事の全権を任され、自分の判断で敵と戦うことを決意し、府院君はそんな彼を応援する。敵陣に乗り込もうと意気込む光海君の前に左賛成のチョン・タクも助っ人として現れ、光海君はさらに力を得た。
→無料視聴方法を確認する

第24話
飛撃震天雷という時限爆弾が完成し、戦は朝鮮軍に有利に動いていく。そして祖承訓が率いる5千の明軍が南下し、日本軍は、明の兵がたとえ5千であっても恐ろしい威力の火砲を持っているとの情報を掴んでいた。
→無料視聴方法を確認する

第25話
順倭したコン・ヒギョムの首を持ち監営に押し入ったクァク・ジェウと義兵たちは、武器庫にある武器を提供してほしいと伝えた。しかし、観察使に官庁の武器を奪う者は泥棒だと言われ、一触即発の局面を迎える。
→無料視聴方法を確認する

第26話
百万の大軍を自称する明の遊撃将軍の沈惟敬は、皇帝の使者として1人で現れた。宣祖との密談で事を進めようとする沈惟敬に朝廷の大臣たちは反発するが、彼らは明の言いなりになっている宣祖に振り回されてしまう。
→無料視聴方法を確認する

第27話
宇喜多秀家を襲撃する絶好の機会を得た朝鮮軍。光海君はイ・イル将軍に、敵の総大将の首を取ってくるよう命じた。そして勝利を収め意気揚々と帰ってきたイ・イルを、分朝は全員で歓迎するが…。
→無料視聴方法を確認する

第28話
倭賊が晋州城を狙っていることを察知したリュ・ソンリョンは光海君の元に赴き、義兵と官軍に檄文を送って晋州城を死守するよう指示を出させる。また、ソンリョンは義州にいる宣祖を訪ね、晋州城の危機を伝えた。
→無料視聴方法を確認する

第29話
李如松が率いる明の援軍4万3千人を宣祖は歓迎した。朝鮮の残兵を聞いた李如松は、祖承訓の部隊に朝鮮軍を編制すればいいと言うが、それを聞いた左議政は怒り、明軍と朝鮮軍を連合しつつ独立させてはどうかと話す。
→無料視聴方法を確認する

第30話
平壌城の戦で朝明の連合軍は倭軍を倒して7カ月ぶりに奪還に成功し、倭軍に支配されていた平安道地方を取り戻す。しかし、待ち伏せして倭軍を討つ作戦を立てていたところ、右防御使が勝手に撤退してしまう。
→無料視聴方法を確認する

第31話
臨津江を渡れないことを理由に漢陽に進軍しようとしない李如松に、朝鮮軍はいら立つ。リュ・ソンリョンは橋を作ることを条件に漢陽への進軍を約束させた後、葛のつるを編んで浮き橋を作ることに成功するが…。
→無料視聴方法を確認する

第32話
開城まで後退した李如松に、リュ・ソンリョンは臨津江を渡って軍を再整備してほしいと願い出るが、李如松は軍の指揮には干渉するなと言い返した。そんな中、咸鏡道にいた加藤清正が南下しているとの情報が入る。
→無料視聴方法を確認する

第33話
朝廷に乗り込んできた李如松は、水原にいたはずのクォン・ユルの朝鮮軍がなぜ幸州山城に移動したのかを問う。彼は「これは明軍の指揮官を無視する行いである。それを命じたのは一体誰か」と宣祖に詰め寄った。
→無料視聴方法を確認する

第34話
都の惨状を見たリュ・ソンリョンは衝撃を受けて気を失う。一方、朝廷では明軍と倭軍の間で隠密な取引があったことに気付き、宣祖に拝謁に来た宋応昌に確かめようとするが、宋応昌は別の見解を示して因縁をつける。
→無料視聴方法を確認する

第35話
絶望し、死んでしまいたいと言うリュ・ソンリョンを、イ・スンシンは民心を取り戻そう、死んで逃げないでほしいと励ます。一方、訓練院の主簿、イ・ボンスは新しい武器が完成したことをスンシンに報告した。
→無料視聴方法を確認する

第36話
リュ・ソンリョンは宣祖に奴婢の免賤を申し出るが、彼は両班の反発を理由に渋る。話を聞いた光海君が、免賤法の実施を願い出て宣祖の不安に対して意見すると、宣祖は参考にすると答えて受け入れるふりをする。
→無料視聴方法を確認する

第37話
宣祖は倭賊の降伏使臣が北京に着いたかを聞くが、宋応昌は他人事のように振る舞う。だが、南下した倭軍が村を順番に略奪していると聞いた宣祖は、すぐに攻撃してほしいと言うが、宋応昌は口実を作って言い逃れる。
→無料視聴方法を確認する

第38話
沈惟敬はイ・スンシンの水営に押し掛けてきて、「倭軍と戦う主力は明軍であるため、兵糧を全て明軍の陣営に運べ」と命令。全部は無理だと言うスンシンの反発を受け、沈惟敬は兵糧の7割をよこせと告げる。
→無料視聴方法を確認する

第39話
明の礼部から新たな使臣が到着し、皇帝の勅書を宣祖に伝えたが、その内容は朝鮮を2つに分割して下三道を世子に治めさせよというものだった。それを聞いた宣祖は、またしても世子に禅位すると言いだす。
→無料視聴方法を確認する

第40話
撫軍司に世子を行かせろと言う明の皇帝の命令を受け、宣祖は世子の支持者が増えるのを警戒する。彼は前日左議政と兵曹判書が来たことをリュ・ソンリョンに伝え、時期尚早で2人の意見どおりにはできないと話す。
→無料視聴方法を確認する

第41話
撫軍司で三道都体察使が水営に行ってきた報告が行われる中、三道都体察使はイ・スンシンの行いを非難し、見過ごしてはならぬと息巻く。しかし、世子はイ・スンシンを懲戒するには軍の損失が大き過ぎると反対する。
→無料視聴方法を確認する

第42話
義兵の忠勇将が合流し、忠清兵使のソン・ゴイが固城に駐屯すると聞き、イ・スンシンは義兵を乗船させ海に向かおうとする。そこに突山島の農民が麦餅を持ってくるが、スンシンは子供たちに先に分けてやれと言う。
→無料視聴方法を確認する

第43話
光海君の廃世子を取り消す上奏を上げ、朝廷から去ると宣祖に迫る臣下たち。光海君は自分が臣下たちを説得して朝廷に戻すことを条件に、明に奏請使を送り正式に王世子として認めてほしいと訴えた。
→無料視聴方法を確認する

第44話
防備策をまとめてきた朝廷の臣下たちは宣祖に報告し、2つの方法を見つけたと話す。そして軍を強化するために大量の塩と米を生産することを提案するが、宣祖は戦で荒廃した土地で何ができるのかと疑念を抱く。
→無料視聴方法を確認する

第45話
キム・ドンリョンだけは見せしめに犠牲にせねばならぬという宣祖の意志は固く、ついにドンリョンは拷問に耐えきれず絶命する。共に捕まった義兵のクァク・ジェウは、釈放されたものの故郷に帰って隠居してしまう。
→無料視聴方法を確認する

第46話
明の朝廷から皇帝の冊封使が届き、小西は文書の偽造を試みるが、それを拒む西笑承兌はありのままに文書を読む。内容を聞いた豊臣秀吉は割地の条件や朝貢が認められなかったことを知り、激怒して小西に切腹を命じた。
→無料視聴方法を確認する

第47話
イ・スンシンが宣祖の命令に背き出征しなかったことで、朝廷は真っ二つに分かれた。スンシンの能力を認める臣下は捕らえることに反対し、国王に逆らったことを許せず警戒する者は、直ちに処罰すべきだと訴える。
→無料視聴方法を確認する

第48話
クォン・ユルの元で白衣従軍するイ・スンシン。ユルは拷問で体の傷が癒えないスンシンをいたわる。またも小西から情報が入り、ユルとスンシンは敵のわなだと判断するが、宣祖はこの機会を逃すなと出征命令を下す。
→無料視聴方法を確認する

第49話
朝明連合軍が稷山での戦闘で勝利を収め、知らせを聞いた全羅左水営では全員が喜び士気も高まる。ところが、倭軍が西海岸に向かっているとの情報を掴んだイ・スンシンは、倭軍を見逃せないと戦略を練る。
→無料視聴方法を確認する

第50話
戦が終わったと大喜びする民はイ・スンシンを訪ねて一緒に祝おうとするが、彼はそれを断り、日本に帰ろうとする船を撃退するためにみんなを集める。宣祖は世子に、明の任命書がないと正式な世子ではないと釘を刺す。
→無料視聴方法を確認する

「軍師リュ・ソンリョン」キャスト・スタッフ

キャスト
  • キム・サンジュン
  • チョン・テウ
  • キム・ソックン
  • チェ・チョロ
  • キム・ヘウン
  • ハン・ジワン
スタッフ
  • (監督)キム・サンフィ
  • (監督)キム・ヨンジョ

「軍師リュ・ソンリョン」全話を無料で楽しもう!

今回は「軍師リュ・ソンリョン」(日本語字幕&吹き替え)を無料で視聴する方法を紹介しました。

一番おすすめはU-NEXTのです!

U-NEXTなら31日間無料で利用できて、見放題で楽しめます!

→今すぐU-NEXTを無料で楽しむにはこちらをタップ!

※31日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

DVDで見るならTSUTAYA DISCAS!

DVD宅配レンタルサービスを30日間無料で利用できて、借り放題です!

→今すぐTSUTAYA DISCAを無料で楽しむにはこちらをタップ!

※30日以内に解約すれば一切お金はかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です