約束のネバーランド120話の最新あらすじ&ネタバレ!無料で最新刊を読む方法も!

こんにちは!

僕は漫画が大好きで、週刊少年ジャンプは今でも欠かさずチェックっしています!

その中でも、「約束のネバーランド」は大好きで、毎週楽しみにしています。

今回はそんな「約束のネバーランド」120話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

関連記事
「約束のネバーランド」コミックを無料で!アニメも見放題!

→漫画「約束のネバーランド」最新コミックの無料・試し読み方法!

前回あらすじ「約束のネバーランド」119話

ミネルヴァの部屋へと案内され、エマの目の前に現れた人物、

それはかつて食料として”出荷”されたと思っていたノーマンだった。

再開を称えあうエマ・レイ・ノーマン、そしてかつての農園の仲間たち。

しかし、ノーマンは”出荷”されて死んだはず・・・・

ノーマンはこれまでいきさつを語り始めた。

ノーマンは出荷された後、”食用児の実験場”に移されていたという。

そこで、ミネルバの支援者の協力を得て、脱獄に成功。

その協力者の持っていたネットワークから現在のアジトを見つけ出し、解放した食用児たちの”楽園”を築いてきたという。

そしてノーマンは、鬼についての重要な情報を語りだす・・・・

最新「約束のネバーランド」120話のあらすじ・ネタバレ

120話 形のない怪物

鬼の誕生

鬼とは何なのか

ノーマンは鬼の正体について語り始めた。

鬼は形のない怪物である。

最初は「細菌」に似た”何か”だった。

彼らは食べたものの遺伝子を取り込み「遺伝子の水平伝播」をすることで、進化していったという。

虫や魚、動物などを食べることで様々な形へと進化していったのだった。

そしてある日、彼らはヒトを食べることになった。

ヒトを食べることで、ヒトに似た容姿や知能・言葉・文化を獲得していった。

そしていつしか人間は鬼にとって最大の好物となり、人間の天敵となったのだった。

驚異的な速さで進化し、圧倒的な力を持つ彼らを人間は畏れ、鬼や怪物、悪魔、神など様々な名で呼ぶようになったという。

それが鬼の正体だった。

進化の代償

人間を食べることで、知能や言葉、文化を手に入れ急速な進化を遂げた鬼だったが、その進化には代償があった。

彼らは食べ続けなければ、その形質を保ち続けることが出来ないのだった。

彼らは、手に入れた知能やその姿を保つためには、人間を食べ続ける必要があるのだ。

ノーマンは続ける。

そして彼らはすぐに遺伝情報が書き換わる、不安定な生き物であるともいえる。

この1000年で粗悪な量産肉を食べ続け、下級鬼たちは形質を維持する力がとても弱まっているという。

早いものなら半年もヒトを食べなければ、知恵を失って野良鬼になるだろう。

だから農園を潰し、鬼を滅ぼす

ネバーランドの終わり

農園を潰して鬼を滅ぼす

そう聞いた一行は、はたして人間の自分たちにそんなことが出来るのか、疑問を抱いていた。

しかしノーマンは、
できる
と言い切る。

はたして、ノーマンが語る鬼に対抗する方法とは・・・・!?

 

そして、鬼を全滅させ
大人になれない世界(ネバーランド)を終わらせて、鬼の世界に食用児たちの楽園を築こう

そう語るノーマンに対し、エマは・・・・!?

今回のポイント

  • ついに明かされた鬼の正体
  • 鬼に対抗するためのノーマンの計画とは
  • ノーマンの話にエマはどう反応するのか

今回は、ついに長年の謎だった鬼の正体が語られましたね。

ある意味、この漫画の核心ともいえる部分なので、見逃せない回になりました。

より詳しい情報は、実際に漫画を読んでもらえると理解が深まると思います!

また、最後のエマの反応が気になるところです。

次の回に一波乱ありそうな予感・・・・

この最後のエマの部分も、ぜひ漫画を読んでチェックしてみてほしいです!

「約束のネバーランド」のコミックを無料で楽しむ方法

「約束のネバーランド」は電子書籍配信サイトの無料トライアルを利用することで無料で最新刊を読むことが出来ます!

無料でお金を一切かけずに

  • 試し読みした
  • 前回のおさらいがしたい
  • 単行本で読みたい
  • ジャンプ漫画のアニメも観たい

という方にとてもおすすめです!

詳しくはこちらで解説しているので参考にしてみてください!

→漫画「約束のネバーランド」最新コミックの無料・試し読み方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です