ワールドトリガー174話の最新あらすじ&ネタバレ!無料で最新刊を読む方法も!

こんにちはフクヤです!

僕は漫画が大好きで、ジャンプSQは今でも欠かさずチェックしています!

その中でも、「ワールドトリガー」は大好きで、毎回楽しみにしています。

今回はそんな「ワールドトリガー」174話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

関連記事

過去の回を読み直したい方へ
「ワールドトリガー」1巻~最新刊を無料で読む方法!

→「ワールドトリガー」単行本を無料&安全に読む方法を紹介!

前回あらすじ「ワールドトリガー」173話

うまく村上と来馬を引きはがした玉狛第二だったが、来馬へのとどめを絵馬に奪われてしまう。

遊真・ヒュースは見事な連携で村上を仕留めることに成功。

一方、絵馬は来馬を仕留めたものの、小荒井・奥寺に追い詰められ、最後は東の狙撃に会いベイルアウトとなった。

そして残るは、玉狛第二と東隊の2チームのみ。

 

絵馬の狙撃によりトリオン漏出過多となった修がベイルアウトし、影浦隊に2点目が入ってしまう。

それにより、玉狛第二が遠征隊に入る条件であるB級2位になるためには、残り4点を取る必要がある。

そのためには、東隊全員をベイルアウト+生存点が最低条件。

しかし、東隊長は今期6試合中ベイルアウトは1回という成績。

はたして玉狛第二は東隊から4点を取れるのか・・・・

 

先に動き出したのは東隊。

東隊はモール内に大量のダミービーコンを撒き、レーダー上で撹乱する作戦だ。

ダミーは動きで人間と判別できるが、小荒井・奥寺の動きばかりに気を取られると、東に狙撃される可能性もある。

これでは迂闊に動けない遊真とヒュース。

 

そこで、オペレーター室に戻った修がある指示を出す。

そして、ついにチカが動くのだが・・・・

また、それを見た敵・観戦者すべてが驚愕したその光景とは・・・・・

最新「ワールドトリガー」174話のあらすじ・ネタバレ

174話 東隊②

東隊の選択

チカの巨大メテオラが炸裂し、モールの約半分と奥寺が吹き飛んだ。

結果的に3対2の体制に持ち込んだ玉狛第二

ヒュースは豊富なトリオンを利用し、広範囲の扉をエスクードで封鎖していく。

モールに空いた大穴にはチカが狙いを定め、
モール内ではヒュースが圧をかけながら、潜んだ遊真が動いた敵を仕留める

という玉狛第二の構え。

閉じ込められる形になった東隊。

東は奥寺・小荒井に、この状況をどう切り抜けるべきと考えているか尋ねる。

奥寺は被害を最小限にするために「撤退」を提案。

小荒井は刺し違えたい気持ちがありつつも、「撤退」を支持。

はたして「撤退」することを選んだ東隊は、この状況を切り抜けられるのか・・・・!?

東の一手

撤退することを決めた東隊。

そこで東はダミービーコンのコントロールをいくつか自分に回すよう、オペレーターに要求するのだった。

一方、オペレーター室でモニターを見ていた修は驚きの表情を見せていた。

モニター上で、いくつかの敵影がチカに向かっているのである。

ダミービーコンによるフェイクなのか、もしくはその裏をかいて本当に敵が動き出しているのか?

このままモール内で東隊を追い詰め続けるべきか、
チカのカバーに行かせるべきか。

修は迷い始めていた。

しかし、ヒュースはこれを
まやかしである、と断言しチカのカバーは必要ないと言い切る。

はたして、修はどんな決断を下すのか・・・・!?

玉狛第二の選択

ダミービーコンを使った東の一手に、修は迷っていた。

解説席の嵐山もこの状況を冷静に分析する。

玉狛第二がとれる選択肢は3つあるという。

  • ビーコンをフェイクと断定し攻撃を続行する
  • 万が一を考えてチカを守りに行く
  • あるいは・・・・

その時、修は決断を下した。

攻撃中止!
チカのカバーに行け!

しかし、やはりヒュースは納得しない。

東ならメテオラを打ち落とすこともできる、
東を自由に動かせてはいけない。

それに、東は修の性格を計算したうえで、誘導しようとしている。
妥当性のない指示には従えない。

そう言い切るヒュース。

この言葉に、修も迷いを隠せないでいた。

迅に言われた「揺れるな」という助言が、どのような意味をもっているのか。

どっちを選ぶのが「揺れない」ということなのか・・・・

 

じゃあ、俺が行くよ

唐突にそう言ったのは遊真だった。

ヒュースはモールに残り、自分一人でチカのカバーに行くというのだ。

この意見にヒュースも同意。

嵐山が言おうとしていた「3つ目の選択肢」を、結果として選ぶことになった玉狛第二。

戦力が分散してしまうが、果たして東隊を全滅させられるか・・・・・!?

ヒュース

東のフェイクで、戦力を分散することになった玉狛第二。

結果的に、ヒュースはモール内で1対2の状況になってしまった。

一方、自分の指示が受け入れられない結果となってしまった修は、肩を落としていた。

そんな修に遊真は声をかける。

ヒュースにチャンスをやってくれ。

という遊真。

遊真曰く、
ヒュースは、影浦を逃がしたことと、
絵馬に修がやられたことを、自分のミスだと感じている
というのだ。

だからその2点分を自分で取り返したいと思っているのだという。

そんなヒュースを遊真は

あいつはまじめだから

と評するのだった。

はたして、ヒュース×東・小荒井の戦いの行方は・・・・!?

今回のポイント

  • 東の奇策と玉狛第二の駆け引き
  • 修とヒュースの意見の対立
  • 一人戦いに挑むヒュース

今回は東の放った一手によって、玉狛第二の中で修とヒュースで意見の対立が起こります。

完全に信頼関係を築けていない二人の関係性が、微妙にまた動き始めます。

そして、ヒュース×東の戦いは見ものです!

東の奇襲や、ヒュースの反撃など、臨場感あるカッコいいカットが多いので、ぜひ漫画でも読んでみてほしいですね!

この続き175話のあらすじ&ネタバレはこちら
→「ワールドトリガー」最新175話のあらすじ&ネタバレ紹介!

「ワールドトリガー」の単行本を無料・安全に読む方法

毎週ジャンプSQを読んでいると、

  • 過去の回を読み直したい
  • あの名シーンをもう一度読みたい
  • 知り合いに1巻から読ませたい

なんて思うこともあると思います。

でも違法サイトでダウンロードするのは危険です。

そこで、「ワールドトリガー」1巻~最新刊を無料かつ安全に読む方法を紹介しています!

ぜひ参考にしてみて下さい。
※一切お金はかからず、しかも簡単です!

→「ワールドトリガー」単行本を無料&安全に読む方法を紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です