僕のヒーローアカデミア212話の最新あらすじ&ネタバレ!無料で最新刊を読む方法も!

こんにちはフクヤです!

僕は漫画が大好きで、少年ジャンプは今でも欠かさずチェックしています!

その中でも、「僕のヒーローアカデミア」は大好きで、毎回楽しみにしています。

今回はそんな「僕のヒーローアカデミア」212話のあらすじ・ネタバレを紹介します!

関連記事
「僕のヒーローアカデミア」コミックを無料で!アニメも見放題!

→漫画「僕のヒーローアカデミア」最新コミックの無料・試し読み方法!

前回あらすじ「僕のヒーローアカデミア」211話

≪回想≫

物間が心操に語る。

「よく言われたよ

『その個性じゃスーパーヒーローにはなれない』って」

心操も心の内を語る。

「僕らはヒーローになる為に

ヒーローらしからぬ立ち回りをしなきゃならない」

心操の抱える思いとは・・・・!?

 

一方、第5セットの戦いに異変が。

物間に攻めこもうとしていた緑谷の右手から、黒い触手(?)のような物が溢れ出していた。

緑谷の意志に関係なく、黒い触手は物間を襲う。

力の暴走であった。

観戦していたクラスメイト達は、緑谷の新技だと思っているようだ。

黒い触手は、大きく広がり敵味方の見境なく襲い始めた。

モニターで見ていたオールマイトも異変に気付いたようだ。

「相澤くん ブラド

止めた方がいい おかしいぞ!」

緑谷の抵抗むなしく、痛みを伴いながら暴走は激しくなる一方だ。

はたして緑谷はどうなってしまうのか!?

その時、仲間たちは!?

最新「僕のヒーローアカデミア」212話のあらすじ・ネタバレ

212話 続・受け継ぐもの

ヒーローを助けるのは誰か

お茶子は思い出していた。

初めてヒーローを見たとき、活動より周りの人々の表情に目が行った。

人の喜ぶ顔が好きだったのだ。

ヒーローが人を助けることは”当たり前”。

でもデクを近くで見てきて、その”当たり前”がどれだけ大変なことなのか、気づいた自分がいた。

そんなヒーローが辛いとき、誰がヒーローを守ってあげられるのだろうか・・・・?

人のために

お茶子は暴走するデクに、飛びついていた。

黒い触手を抑えるように、デクにしがみつくが暴走は止まない。

この黒い触手はデクの意思じゃない、そう気づいたお茶子。

 

そこに視界に入ったのは心操だった。

とっさにお茶子は叫ぶ

「デクくんを止めてあげて!」

お茶子の必死の懇願に、心操は体育祭でデクに負けた日を思い出していた。

あの時とは違う自分を見せたい。

自分の”個性”を人のために使いたい!

しかし、心操がデクを洗脳するためには、デクに何かを問いかける必要がある。

その時心操が問いかけた言葉とは・・・・!?

デクの意識に現れた人物

お茶子と心操が必死に暴走を止めようとしている中、デクももがいていた。

クラスメートたちを傷つけたくない。

しかし、力の暴走を抑えられないでいた。

あふれ出る黒い力。

その時、デクの意識の中で、ある人物が目の前に現れた!

なにか重要ことを伝えているようだ。

果たして、デクの目の前に現れた人物とは!?

そして、何を語るのか!?

今回のポイント

  • お茶子がデクと過ごす中で経験した心境の変化
  • デクに負けたことで心操に起こった心境の変化
  • そんな心操がデクに問いかける言葉とは?
  • デクの意識の中に現れた人物とは?また何を語るのか?

「僕のヒーローアカデミア」のコミックを無料で楽しむ方法

「僕のヒーローアカデミア」は電子書籍配信サイトの無料トライアルを利用することで無料で最新刊を読むことが出来ます!

無料でお金を一切かけずに

  • 試し読みしたい
  • 前回のおさらいがしたい
  • 単行本で読みたい
  • 「僕のヒーローアカデミア」のアニメも観たい

という方にとてもおすすめです!

詳しくはこちらで解説しているので参考にしてみてください!

→漫画「僕のヒーローアカデミア」最新コミックの無料・試し読み方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です